インプラント治療症例と患者さまの声 | 岡山県瀬戸内市のインプラント【中條歯科医院】

インプラント治療症例と患者さまの声

患者さまの声

case0

!音声にてお届けします!

※当治療の効果には個人差があります。

case13-1 case13-2

「インプラント治療でしか私の歯の再生は望めないなあ。」ずっとそう思いながら17年が過ぎていました。もともと尋常でなかった私の歯は非常事態となり、まともな食事を摂ることもできず、心身ともに疲弊し我ながらとても情けない状態でした。そんな時にお会いできたのが中條先生でした。先生はまず、食べて栄養が摂取できることを最優先とし、さらに外見上のことも考えて治療を進めてくださいました。

初めて経験するインプラント治療でしたからたいへん心配でした。緊張の連続でした。しかし、高い技能に的確な判断と処置、細やかな配慮で先生は私の歯をどんどん再生していってくださったのです。この先生に治療をお任せしておけば大丈夫なんだと思ったら気持ちが楽になりました。スタッフのみなさんもその都度あたたかくやさしい励ましの声をかけてくださり、私は元気と安心をもらって治療を続けることができました。

今では何でもおいしく食べることができています。よく噛んで食事をおいしいと思って摂ることが幸せなことだと久しぶりに思い出すことができたようです。中條先生には元気で生きていくための大切な根っこの部分をしっかりと修復していただきました。先生にインプラント治療をしていただき本当によかったと思っています。ありがとうございました。。

case12-1 case12-2

「へぇ~インプラント1本30万円!そねんするん」「入れ歯にしてもらやぁえ~が」これが10年前の家族の第一声でした。自分もそう思い、部分入れ歯にすることにしました。部分入れ歯が出来上がり、装着の日「最初は違和感がありますが、慣れるまで頑張ってください」と指導を受け帰りました。自分自身『これで堅いものも食べられるぞ』と意気揚々と家に帰り、夕食が楽しみでした。が、入れ歯が入った違和感というよりも、噛みごたえの違和感が大きかったのです。噛んだ時食べ物がずれる感じや、歯にクッションが入っていて腰砕けする感じは、健康な歯を持っている方には理解できにくいと思います。噛み砕く(噛み切る)感じが今・・・三歩でした。その感じに慣れることはなく、その後間もなく、結局インプラントに踏み切りました。ですから、今回は迷うことなく(金額的には躊躇しましたが)インプラントを選びました。口の中のリフォームに2年ぐらい費やし、ボーナスを投入して完成しました。普通に噛むことができる喜びを感じています。

アクセスはこちら